Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS

WWEな月曜日(仮)

メールのあて先はsweet1972@excite.co.jpまで!
<< WWEスーパーショー参戦記! 〜初日編 | main | スーパーショー参戦記! 初日編! その2! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ロード・ウォリアーズ復活!その2
また原稿が遅れました! ごめんなさい!

先日は、ひさしぶりに偽ケイン君と飲みましたよ。半年ぶりぐらいだったのに、こうやって毎週一緒にコラムを書いているせいか、ぜんぜんひさしぶり、って感じじゃありませんでしたね。なぜかまったくプロレスの話にならなかったんですが、同席者と小笠原和彦先生について話しているのが聞こえました。なぜだ。

さてさて、先週のつづき。リージョン・オブ・ドゥーム、すなわちロード・ウォリアーズが奇跡の復活を遂げたお話です。

僕は以前、バトラーツという団体に参戦するために来日したホーク&アニマルとバックステージで会う機会を設けてもらったことがありました。そういえば、そのとき通訳してくれたのは現・PRIDEルールディレクターにして、高田モンスター軍で二等兵を務める島田裕二氏だったなぁ。あと、ちょっと英語のニュアンスが伝わらなかったときに横からさりげなく助け舟を出してくれたのがコラムニストのフミ・サイトー氏でした。
その頃からホークは体調が悪く、試合にはアニマルと、ウォリアーズ風のペイントを施したアレクサンダー大塚選手がタッグを組んで、出場していました。どんな質問をしたのか(舞い上がっていて)よく覚えていないんですが、ホークがそのときに言った言葉が強く印象に残っています。

「俺様はホーク・ウォリアー! 相棒はアニマル・ウォリアー! こいつはアレク・ウォリアー、そしてお前たちもウォリアーだ! エブリバディ・ウォリアー!」

……バカ? とか思っちゃいけません。ハートさえあれば、誰だってウォリアーズになれるんですよ!(そういえば佐々木健介選手もウォリアーズでしたね)

というわけで、今は亡き、ホーク・ウォリアーのウォリアーズ・スピリットを現在に受け継いだのが、心優しき青銅巨人ハイデンライクでした。アニマルはインタビューで「これは新しいリージョン・オブ・ドゥームなんだ、第2章の始まりだ!」とか「これからは先輩たちから受け継いだ知識を若い連中に伝えていきたいんだ」とか発言しています。ということは、新生ロード・ウォリアーズは続いていくんでしょうかね? 最初、DVDの発売にあわせたパブリシティのために活躍か、なんて疑ってしまった薄汚いハートの持ち主である自分の不明を恥ずかしいばかりです。

ちなみにそのロード・ウォリアーズDVD、各団体(全日本プロレス含む)での試合映像はもとより、さまざまな特典映像が収録されています。気になったのは「Music Video」という記述。ウォリアーズと関係のあるミュージック・ビデオ? ということは名曲「ロード・ウォリアーズのブギ」(邦題)が再収録されるのか!? うぉぉぉぉぉ、観たい!(でもたぶん違う曲だと思う)

「ロード・ウォリアーズのブギ」がどんな曲か気になる方もいるかもしれませんが、僕も音源を持っていないのでどうにもなりません。各自調査!



| 月曜日 | 04:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 04:00 | - | - |









http://musterbator.jugem.jp/trackback/205