Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS

WWEな月曜日(仮)

メールのあて先はsweet1972@excite.co.jpまで!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
おっきなケインがダイスキー! (ジョン・シナ風)
大矢さん、ネタ振りありがとうございます(笑)。

えーっと……今回の来日公演もほんとに盛りだくさんでね、いろいろ時系列で書こうかなあと思ってました。そう思ってたんですよ、ええ思ってました! あの瞬間までは!!!

はい、言います(笑)。ついに偽ケイン(なんかさいたまケインて呼ばれるの、まだちょっと……)、WWEのリングに上がることができました!
しかも舞台は破壊兄弟が復活(With ミステリオ)、タンデムでビッグブートから流れる連携でエッジ、カート、エディ組に勝利した、これ以上ないくらいの晴れ舞台。

リングサイドに駆け寄り、こっちを向いてたケインに拳を振り上げて精一杯勝利を祝福したその直後、おっきなケインが僕のいるほうに寄ってきました。もともとケインしか見てなかったんですが(笑)、だんだん大きくなるその巨体に僕は釘付けになってました。おっきな人の優しい顔は満面の笑みを浮かべています。

……「COME ON!」

その言葉に耳を疑う間もなく、僕はフェンスを乗り越え、セカンドロープに手をかけて、ついにWWEのリングに入ることが出来ました。何度も何度も夢にみて、何度も何度もイメージを膨らませてきたシーンがまさに現実になった瞬間ですよ!

リングの中には僕をフルスマイルで見つめてくれてるケインと、「お兄ちゃん」アンダーテイカー! 眉間にしわ寄せたり両手広げて見得切ったりしてると、会場内に流れていた曲が突然スローケミカル(今のケインの曲)に!

あまりにもびっくりしてケインを見ると両手を振って「バーン! やんなよ!」って言ってくれました(涙)。

これ書いてる時点でまる2日経ったわけですが、今になって感激の涙が流れてきます。さっきまではほんとに夢の続きを見てるような、そんな感じ。
あーあ、なんだか陶酔しっぱなしの文章で申し訳ないです。来週には落ち着いてると思います……。

僕らを温かく見守ってくれた皆様、そして盟友ロック君! ありがとうございます!

これからもよろしく!!!


| 土曜日 | 00:35 | comments(20) | trackbacks(1) |
土曜スペシャル!
ちぃーす。夕べ、飲みすぎてしまってローテンションな大矢です。しかし更新はする! ひとりでも読者の方が待っている限り! 俺、かく語りき!(ガシャーン!)

えー、まだ酔っぱらっているわけではありません。今日、最初のメールは、高校生の功太郎君から。

◎いやいや、まさか神戸、名古屋が中止になるとはノノ。まぁ僕自身は今回は高校生の避けては通れない期末テストなんつーもんがあるせいで見に行けないんですが、行く気満々だった人たちはかなりショックだと思います。
ところでちょっと前に「一番印象に残ってる試合は?」みたいな話が出ていたと思いますが、僕の一番印象に残ってる試合はテイカーVSマンカインドのヘル・イン・ア・セルですね。見てるほうは心臓に悪い試合でしたよ。プロフェッショナルってすごいですね。ミック・フォーリーもテイカーもほんとにすごいヤツだ!
話は変わりますが、僕、この前電車に乗ってたんですよ。そしたら一際目を引く赤いシャツの男がいたんです。よく見ると背中には赤いマスクに鋭い目。なんと予想外のところでケイネナイツの方に出くわしたんです。するとその人は立ち上がり赤ちゃんを抱いた女性に席を譲ったんですよ!あ〜、やっぱケイネナイツに悪い人はいないんだなぁ。

●期末テストかぁ。大人でよかったぁ〜。しかし、大人には「納期」っていうテストより始末の悪い敵がいたりするんだよねぇ(愚痴)。さて、テイカーVSマンカインド。これは凄い試合でしたね。落とされても落とされてもリング下から這い上がってくるマンカインドを見て、さすがのテイカーもビビってしまったそうです。マンカインド=フォーリーの自伝はネットで検索すれば日本語訳がありますので、ぜひ読んでみてください。
ところで、ホーガン好きの人は「ハルカマニア」、ケイン好きの人は「ケイネナイツ」。他のスーパースターのファンで、こういう特殊な呼び名を持っている人たちっているのかな? エッジ好きの人は何て呼ぶの? エッジャー?

お次はおなじみ、キックボクサーの伊達さんから。

◎2週間ぶりです、大矢さん。キックボクシングのことでバタバタしてましたが本業のメール職人に復帰です(^O^)/。名古屋在住のたくやさん! 貴重な1票をアリガトウございますm(__)mでもレギュラーへの道の投票5票はマダ集まってない気がしますよ、大矢さん(苦笑)。
展開の早いWWEの中では古い話になってしまい申し訳ないですが、PPV「バックラッシュ」でのホーガン&HBKは最高でした(^O^) 。まさにドリームチーム!! 夢タッグに相応しいですね。試合終了後にリング上に上げてもらいホーガンと一緒に筋肉パフォーマンスが出来た背中にホーガンのタトゥーを入れたハルカマニアの彼は生涯最高の思い出が出来たんじゃないでしょうか(^O^)/。彼はあの瞬間に宇宙一の幸せ者になったと思います!! さりげなくIC王座戦のベンジャミンVSジェリコも名勝負でしたね。
ただ最近は僕的には残念なことに予想通りの結果や展開が多すぎますよ(>_<) 。皆さんも思ってると思いますがWWEは視聴者の裏の裏の裏をかいてこそWWEだと思うんです。ハッキリ言って「レッスルマニア17」から「WM21」まで全て1月のロイヤルランブル優勝者がベルト奪取してるじゃないですか〜!(これってネタバレ? 時効ですよね……)。僕的には今回の「WM21」ではバティスタでもシナでもいいから一方がベルトを取りそこねてほしかったんです。応援するファンの気持ちもわかります。でも僕的には裏×3みたいな展開がWWEだと思うんです。「WM16」のとき誰もがザ・ロックのベルト奪取を期待(予想)してたと思います。でも蓋を開けてみればロックのセコンドのビンス・マクマホンのまさかの裏切りで王座奪取に失敗! ステフがビンスを裏切りトリプルHと結婚! ストーンコールドがWCWアライアンス入り! アンダーテイカーの妻サラのストーカーにDDP(笑)。やっぱりWWEには順当よりサプライズが似合います。
何か生意気ばかり言って読んでる方々にイヤな思いをさせてたらスミマセンm(__)m。僕がWWEが大好きな気持ちだけはわかって頂きたいと思います。2週間ぶりの投稿で熱くなっちゃいました(苦笑)長文でスミマセン、大矢さん。今回は力んじゃいました……。

●熱くなるのも力むのも結構! やっぱりWWEファンなら熱くないとね! だけど「本職がメール職人」ってのは、ちょっとどうかと思うよ……。コラム登場へのタスク、5票はもう集まってますよ! 昨日も1票入ったしね。あとで伊達さんにはメールを入れますから、そちらをチェックしてください。再来週ぐらいから始めましょう! みなさん、お楽しみに! ホーガンもいいですけど、HBKも最高ですよね。この前の「RAW」で、入場のとき、あのチャラチャラしたコスチュームの鎖の部分がゲートの鉄網の部分にひっかかって動けなくなってしまうという凄まじいアクシデントがあったんですが、それも一瞬でネタにしまい、場内の注目を一身に集めてしまうHBKの凄さを堪能しましたよ。もう一丁、たしかに今のWWEにはサプライズが足りないですね。どうしてビンスがチャンピオンに!みたいな、見ていて思わず立ち上がってしまうような驚きをたまには味わいたいですね。

今週最後のメールは、リコリさんから。

◎今週もまたまた恒例の滑り込みのメールでございます。リコリです。
ハイ、凹んでおります。ええ、ええ、凹んでいますとも。神戸公演、参戦予定でございました。ハイ。しかも! 仕事その他もろもろの都合上、さいたまは行けるかどうか、ギリギリまでわからないため、チケットを押さえておりませんでした。すなわち! 神戸一本勝負でございました。コンチクショー、恨み節。
……とはいえ、某Jさんのブログを拝見すると、神戸のハケが悪かったかららしい、なーんて書かれており、日本のファンが悪いのか!? そうなのか?!……と、ネガティブ街道まっしぐらでございます。大変残念です……。なんとかさいたまに1日でも駆けつけたいところですが、どうなることやら。トホホ(死語)。
えー……実は。私ごとではございますが、来日公演の7/1、私、お誕生日だったりします(笑)。当初は、「な、なんと!愛するWWEご一行様が、私の誕生日にわざわざお祝いに?!」な〜んて、一人こっそりとほくそえんでいましたが、こんな振られ方をするなんて……。おみくじ引いたら大吉だったけど「待ち人来ず」と書いてあったりしたときのショックが私を襲っております……。
万が一、1日も参戦できない場合は、皆様、どうか臨場感溢れるレポートや感想をお聞かせ下さいまし……(号泣)。大矢さん! ぜひ、神戸名古屋傷心激励ツアー、組んでください!
まあしかし、スーパーショーとなったことで楽しみにしているさいたま参戦ファンの皆さんの気がそげてもなんなので、期待溢れる日々を過ごしましょう! 現状でのカード発表を公式サイトで拝見しましたが、なかなか魅力的なカードがならんでおりますね。ドラフトでどのように変わっていくのか、また楽しみですね。
さて、またまた私信です。名古屋のたくやさん! コラムを読みたいと言ってくださって本当にアリガトウ! とっても嬉しかったです。そしてもし5人集まらなかったらゴメンナサイ(笑)。だけど、こうして色々読者コーナーで投稿させていただくので、私が妄想しすぎていたらぜひ、ツッコミ入れてくださいね(笑)。がんばりまーす! 今は傷心なので、ちょっと調子が悪いですが……(遠い目)。あと有名人になったら私も招待してくださいね♪
ということで、今回は楽しげなことが書けませんでした。すみませぬ。次回までには立ち直っておきます! リコリでございました……!

●今日は全文掲載しましたよ! そして、ここにも犠牲者がひとり……。しかもお誕生日でしたか……。想像してみましょう。メイン戦はシナの大勝利でハッピーエンド。そしてマイクを握るシナ。ぞろぞろとリング上に集まってくるスーパースターズ。仏頂面だったJBLもニコニコしている。そういえば前回の神戸をシメたのはレスナーのプルプルダンスwithちびっ子だったな……。「YOYOYO! 今日はこんなに集まってくれてありがとう! 神戸ビーフはやっぱり最高だな!」。回転ベルトがクルクル回しながらシナのMCが続く。「そう、ハッピーなことはみんなで祝おうぜ! 今日がバースディの人は手を挙げてくれ!」。どよめく場内。おそるおそる手を挙げるリコリさん。もちろん、シナはリコリさんを指名する。フナキさんが「早くおいで」と日本語で呼びかけてくれ、デュプリーがジェントルにエスコートしてくれる。みんなが拍手でリングで出迎えてくれるところへ、アンダーテイカーが花束を持って……って、妄想しすぎですね。とりあえず、次回までには立ち直ってください!

今週はたくさんのメール、ありがとうございました! 関係ないですが、先週行ったトークライブもなかなかの成功でした。「ダブルダイナマイト」で検索すると、サイトが現れますので、ヒマな人は見てやってください! それではまた!
| 土曜日 | 12:25 | comments(0) | trackbacks(0) |