Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS

WWEな月曜日(仮)

メールのあて先はsweet1972@excite.co.jpまで!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「おっきいケンゾーに会ってきたぞ!(前編)」
ども、偽ケインです。今回は先日青山で行われたケンゾー夫妻のトークショーの様子をお贈りします。そして、レポートしてくれるのは僕のコラムにも何度も登場してくれてる「いんちき番長」こと、偽ケンゾー氏! ここでも勃発した本物対ニセモノのラヴ・ウォーズ(よくわからない)の行方はいかに! んじゃ、よろしく〜!

ど〜も突然お邪魔しちゃいます、偽ケンゾーです。ニセモノ仲間の偽ケイン君がレスカフェで飲んだくれてる隙に、ワタクシ偽ケンゾーがこのコーナーに乱入しちゃいました!
8月27日青山ベルコモンズで行われた「鈴木健想・浩子トークショー」なんですが、偽ケンゾー的には当然行かねばなるまい!とパートナーの偽ヒロコ共々行ってきたんで、ここは本物ケインと夢の共演をした偽ケイン君にあやかって、トークショーの模様をレポートしたいと思います。
さて、ここの8月1日のコラムでケンゾー御夫妻のトークショーを知った我々(偽ケンゾー&偽ヒロコ)は速攻で前売り券をゲット、当日まで「お二人はWWEをリリースされたばかりだしWWEのTシャツは着て行かない方がいいんじゃ・・・」なんて余計な心配をしたりしながらすごしておりました。
当日、オシャレな青山の会場に到着(ちなみに「コスプレして行こうか?」という提案は偽ヒロコに速攻で却下されました。当然か)、会場にはすでにWWEファンとおぼしき人々が集まっていました。

トークショーはお二人の簡単な紹介の後、ヒロコさんケンゾー選手が一人ずつ舞台に残って司会者の方と個別でトーク、ヒロコさんからはお二人の出会いや、恋愛時代のケンゾー選手の浮気エピソード(そりゃもう「無差別爆撃」「暴れん棒」な状況だったようです)、WJ末期たいへんな最中の結婚などが語られました。
一方ケンゾー選手は、ヒロコさんから語られた浮気エピソードについて突っ込まれバツが悪そうにしたり、プロポーズの言葉を聞かれ照れくさそうにごまかしたりと、シャイっぷり満点でした。しかし最後には「イラク遠征での危険な環境の中、あらためて家族の大切さを実感した」とイイ話でまとめてくれました。もちろん結婚後は浮気はしていないそうですよ。

続いてお二人舞台にそろってのトーク、話の中心はやはりWWE関係のものでした。WWEのトライアウトにアポ無しで、しかも試合用のタイツ(ピンク)姿で押し掛けたケンゾー選手、直接ヴィンスに「機会をいただいて感謝しています!」と(本当は勝手に押し掛けたのに)挨拶、ヴィンスはヴィンスで「君が来てくれて嬉しいよ!」と(招待してないのに)答えたんだとか。その後、OVWでの修行期間も一年の予定を勘違いで一ヶ月で切り上げ、家の近くに来ていたWWEのツアーになんとなく合流、そのままスタッフと仲良くなってデビュー用のシナリオが作られWWEデビューになったそうです。デビュー後は某「やんごとなき御方」のキャラクターでの登場予定で大々的に告知されたものの、ケンゾー選手に頼まれてヒロコさんがWWE首脳陣を前に「このキャラでは出来ません!」と大演説…どれも「当時はコワイもの知らずでやっちゃったけど、今では絶対にできない(御夫妻談)」というエピソードでした。(ちなみにヒロコさんの大演説をヴィンスは腕を組んで無言で聞いて
いたとか…コワ!)
他にも「うちで働かないか?」と(WWEの)オフィスから誘われたヒロコさんが、以前から興味があった裏方仕事だとおもってOKしたところ、実は「ゲイシャガール」、しかも白塗りだった!とか、サーキット仲間のレネに脇毛や全身の毛を剃れと言われたケンゾー選手がしばらく「剃れ」「剃らない」で揉めていた(結局「それならいっそ毛を剃らないキャラでシナリオを創ろう」というレネの言葉に「あいつの思いどおりにはしたくない」とすぐに剃った)など、爆笑話しのオンパレードでした。

お二人のトークライブはこの後いよいよ「WWEを退団」エピソードや、ファンとの交流コーナーに続くわけですが…続きはCMの後で!(嘘)
「おっきいケンゾーに会ってきたぞ!(後編)」でお会いしましょう!

「あい・ら・・ケンゾー&ヒロコ!(にかっ!)」


| - | 22:00 | comments(10) | trackbacks(89) |
スーパーショー参戦記! 初日編! その2!
(注意:大矢のパソコンが壊れて、先週の原稿をアップするのが遅れました。待っていたみなさん、ごめんなさい!)

ども、偽ケインです。先日銀座で開催された「ザ・プレデターまつり」に大矢さんと行ってきました(笑)。大矢さんも昨日のコラムに書いてましたが、半年以上会ってないのになんだか2〜3日前に会ってるような変な感じがするんですよね。そういえばホントにプロレスの話しなかったんですよ。だけど小笠原和彦先生の話だけしたのはなぜなんだろう? 確かに小笠原先生の話は酒の肴にぴったりですけどね。小笠原先生? Who? という方は高円寺のレスカフェで店員さんにでも聞いてみて下さい。破壊王ばりのおもしろエピソードが聞けるでしょう、きっと。

……と、いう訳で先週からの続きです。bWoチームとウダウダ遊んでたら、仕事を無事切り上げてきたロック君が登場。まだ会場まで時間あるからのんびりしようよ。そういえばロック君とも2月のTVショー以来会ってないんだよね。最近はちょこちょこ会ってるけど(笑)。

いつもの如く、みなさんにグッズ売り場で写真撮って貰ってから会場へ。席についたら恒例の生ビールで乾杯! この瞬間のビールはほんとにうまいなあ。今回もまた会場に来れた安心感っていうんですかね、ふい〜って感じでリラックス。……っておい! あと20分で開演だよ! 急いでアリーナ行かなきゃ!

アリーナでは別行動。たまーに2人で絡んだりして遊びます。もうマスクは取ってたので顔芸人みたいにずーっと顔作ってました。すると斜め後ろからボソッと声がきこえるよ……。「おなか減ってるかなあ?」「あげてみれば?」 えっ!? 何……? わくわくしながらも怖い顔のまんま(作らなくても十分怖い顔してるけど)振り返ると……、カツサンドを手にしたお姉さん2人! なんと、カツサンドあーんしてくれました! お姉さんありがとう。美味しかったですよー! 実はこのお姉さん方には2日目の終了後にもばったり会って、ちょっとご挨拶出来ました。次回もなんか用意してくれるそうです(はあと)。楽しみにしてますねー!

リングサイド周辺にはいつものPAさんやカメラマンさん。皆さん僕の事覚えてくれてるみたいで挨拶してくれましたよ。うれしいですねえ。お初だったのはテレビカメラの兄さん。最初は背中向けてたんですが、隣にいたカメラマンさん(ロウのリングサイドにいる日本の方で、ジミーさんじゃない角刈りのおじさん)にご挨拶したらくるっと振り返りました。そして……人の顔見るなりブシュッ! て吹出してやんの。ぷー。でもさっとテレビカメラ回してしばらく撮ってくれたから許してあげましょう(笑)使われなかったけど。
まあ、てな感じで開演のお時間! 最初の曲は、ザカザカザカザカザカザカ! ってエッジの曲……。ケインがオープニングマッチかあ。ま、明日がメインだからいいか!

で、4時間試合やってちょっとだけグッズ売り場入り口で遊んで、初日はさっさと帰ったのでした(はしょりすぎ)。
次回はまだ書く事あったか? ってな感じの2日目の様子です! また来週!

| 火曜日 | 14:36 | comments(2) | trackbacks(3) |
ロード・ウォリアーズ復活!その2
また原稿が遅れました! ごめんなさい!

先日は、ひさしぶりに偽ケイン君と飲みましたよ。半年ぶりぐらいだったのに、こうやって毎週一緒にコラムを書いているせいか、ぜんぜんひさしぶり、って感じじゃありませんでしたね。なぜかまったくプロレスの話にならなかったんですが、同席者と小笠原和彦先生について話しているのが聞こえました。なぜだ。

さてさて、先週のつづき。リージョン・オブ・ドゥーム、すなわちロード・ウォリアーズが奇跡の復活を遂げたお話です。

僕は以前、バトラーツという団体に参戦するために来日したホーク&アニマルとバックステージで会う機会を設けてもらったことがありました。そういえば、そのとき通訳してくれたのは現・PRIDEルールディレクターにして、高田モンスター軍で二等兵を務める島田裕二氏だったなぁ。あと、ちょっと英語のニュアンスが伝わらなかったときに横からさりげなく助け舟を出してくれたのがコラムニストのフミ・サイトー氏でした。
その頃からホークは体調が悪く、試合にはアニマルと、ウォリアーズ風のペイントを施したアレクサンダー大塚選手がタッグを組んで、出場していました。どんな質問をしたのか(舞い上がっていて)よく覚えていないんですが、ホークがそのときに言った言葉が強く印象に残っています。

「俺様はホーク・ウォリアー! 相棒はアニマル・ウォリアー! こいつはアレク・ウォリアー、そしてお前たちもウォリアーだ! エブリバディ・ウォリアー!」

……バカ? とか思っちゃいけません。ハートさえあれば、誰だってウォリアーズになれるんですよ!(そういえば佐々木健介選手もウォリアーズでしたね)

というわけで、今は亡き、ホーク・ウォリアーのウォリアーズ・スピリットを現在に受け継いだのが、心優しき青銅巨人ハイデンライクでした。アニマルはインタビューで「これは新しいリージョン・オブ・ドゥームなんだ、第2章の始まりだ!」とか「これからは先輩たちから受け継いだ知識を若い連中に伝えていきたいんだ」とか発言しています。ということは、新生ロード・ウォリアーズは続いていくんでしょうかね? 最初、DVDの発売にあわせたパブリシティのために活躍か、なんて疑ってしまった薄汚いハートの持ち主である自分の不明を恥ずかしいばかりです。

ちなみにそのロード・ウォリアーズDVD、各団体(全日本プロレス含む)での試合映像はもとより、さまざまな特典映像が収録されています。気になったのは「Music Video」という記述。ウォリアーズと関係のあるミュージック・ビデオ? ということは名曲「ロード・ウォリアーズのブギ」(邦題)が再収録されるのか!? うぉぉぉぉぉ、観たい!(でもたぶん違う曲だと思う)

「ロード・ウォリアーズのブギ」がどんな曲か気になる方もいるかもしれませんが、僕も音源を持っていないのでどうにもなりません。各自調査!



| 月曜日 | 04:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
WWEスーパーショー参戦記! 〜初日編
ども、最近原稿が遅れ気味の偽ケインです(笑)。まあ、あれだけ呑んだくれてるくせに仕事帰りにも普通に飲んでますからね。次の来日公演には初期ケイン(もしくはアニマル)みたいな体型になってるんじゃないかとヒヤヒヤしてます。

さあ今更感はちょっとありますが(いつもの事)、スーパーショー2日間の僕の動きを時系列で振り返ってみたいと思います。多少(と、いうかだいぶ)書いちゃってますからはしょり気味で行きましょう!

初日は朝ご飯をしっかり摂ってさいたま新都心駅へ。観戦中にエネルギー補給する為に、駅でべーグルとブラックコーヒーを買っときます。昼過ぎにゴールドジム入りして、パンプ目的でウェイトをやります(で、田中将斗に会う)。シャワーとサウナですっきりしてからコスチュームを更衣室で着ちゃいます。当然真面目なトレーニーの皆さんからは白っぽい目で見られちゃうので人のいない瞬間を見計らってさーっと着替えちゃう! 
ラウンジでマイオプレックスイチゴ味(4月5日のコラム参照)をザバザバ流し込み、回復&パンプアップを促します。ちなみに今回は高木三四郎さんには会わずでした。7月3日にDDTが新潟で地震復興支援興行を行ったため、その準備で会場に来れなかったのです。
2階のエレベーターホール(ジムは上の階)は人がいなくて、椅子とテーブルがあるからいつもここでメイクするんですが、この日はホール前でゴールドジムがセール中! スタッフがうようよいますよ……。やだなあ見られちゃうの(笑)。

準備終わって、時間は4時半。たしかジェリコのイベント4時スタートだから、そろそろ人が集まってる頃ですね。……ってまだ始まってない! 初日のイベントはどうしても遅れがちですよね。スタッフの皆さんも阿部さん三田さんも大変だなあ。
初日はイベントのチケット持ってなかったので、外から覗くだけ。毎回写真撮ってくれる方々としばらくしゃべってぶらぶらしてました。そして今回マニアのハートをがっちり掴んだのは、「いんちき番長」こと偽ケンゾー氏が扮するbWo時代の偽スティーブンリチャーズ(変な文章)! そして彼の傍らには偽ヘイマン氏が扮するブルーミーニー、偽ヒロコ氏が扮するサイモンディー……いや、スーパーノヴァ! この人達はホントに毎回やらかしてくれますよ。スパイクを頑なにやり続けてると思ったら、2月の時はいきなりモハメド・ハサン&デバリになってるし、その翌日には大ブレイクしたケンゾー夫妻ですから(笑)。次回も楽しみだ。

ってな訳で、あんまりはしょれなかった初日の様子、もうちょっと続きます!

あ、そうそう、マットのオフィシャルホームページ「マットハーディーショー」に僕の写真が載ってました! マットが僕の首をグワシと掴んで変な顔してます。おヒマな方は探してみて下さい。ちなみにカメラマンはハリケーン!

| - | 15:24 | comments(3) | trackbacks(0) |
ロード・ウォリアーズ復活!
おはようございます! 大矢です。

先日、我が家に子猫がやってきまして、これが猛烈に可愛いんですよ。今はフレッド・ブラッシーばりの噛みつき攻撃(古!)もすっかり覚え、私の両腕はキズだらけです。この子猫は最初の飼い主が呼んでいた「ポポ」という名前をそのまま使っているんですが、このコラムの読者の方で、ペットにWWEのスーパースターの名前をつけちゃった!なんて人はいるんでしょうかね? WWEペット自慢大会とかやりましょうか(笑)。とりあえず、そんな人はご報告ください。

あと、子供にスーパースターの名前をつけちゃった!って人がいたら凄いなぁ(笑)。加亜斗(カート)くんとか亭香(テイカー)ちゃんとか。思わずつけちゃった人、これからつけようと思っている人がいたら、これもご報告ください。

さて、以前から僕のコラムを読みつづけている人なら、「これは絶対、大矢が取り上げるだろう」と思っていると思います。はい、ロード・ウォリアーズが復活しましたね。しかも、タッグチャンピオンにまでなっちゃった!

“暴走戦士”ロード・ウォリアーズは80年代、アメリカと日本を席巻したタッグチームです。ホーク(鷹)とアニマル(動物)という、微妙にアンバランスな名前を持つ二人組ですが、ムキムキマッチョバディにカラフルなペイント、変な髪型、そしてレスリングには何の関係もないトゲトゲつきの甲冑を身につけているという、子供のハートを鷲掴みにするには十分なルックスを誇っておりました。要するに、『北斗の拳』の悪役そのまんまの格好ですね。絶対、映画『マッドマックス2』の影響を受けていると思うのですが、以前、ふたりに会ったときに聞いてみたところ、「オリジナルだ」と言い張っておりましたので、そういうことにしておきましょう。

その後、リージョン・オブ・ドゥームの名前でWWEでも活躍しましたが、残念ながら先年、タッグの片割れであるホーク・ウォリアーが逝去、もう二度とロード・ウォリアーズの勇姿を見ることはできない、そう誰もが思っていたわけですが……。まさかアニマルとハイデンライクがタッグを組むとは! タッグチャンピオンになるとは! ホント、嬉しい限りですよ。おっかなびっくりコーナーに登るハイデンライクのダブルインパクトは、自分の子供の運動会を見ているようなハラハラ気分になります(僕に子供はいませんけど)。アニマルのたっぷんたっぷんしたお腹も気になりますが、すべてノー問題! 

しかし、人一倍ナイーブな男、それがハイデンライク。自分に偉大なホークの代わりが務まるだろうか、とバックステージで悩みつづけます。そこへ現れたアニマル。手にはキラリと光るバリカンが……。これぞ、掟破りの逆モヒカン! 21世紀の飛龍革命!(言ってることメチャクチャ) ホークとまったく同じ髪型にして吹っ切れたハイデンライクが試合でも爆発! またまたヨチヨチダブルインパクトで勝利を収めました。

この話、来週に続きます!
| 月曜日 | 03:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
偽ケインの呑んだくれ日記
ども、偽ケインです。いやー、今年の夏はよく飲んでます。ビアガーデンってあんまり行ったことなかったんですけど、今年はすごーく行ってます。

ザ・ノンダクレーヅツアーのしょっぱなは、忘れもしない破壊王が亡くなったその日。ひとりで養老乃瀧からレスカフェにハシゴして呑んだくれ。
続いてその週の土曜日、PPVベンジェンス(ベンジャンス? どっち?)をロック君たちと観に、再度レスカフェへ。けっこうみなさん僕らで遊んでくれて、気分良くなって呑んだくれ。

さらに翌週、地震の日! ロック君、ケンゾー夫妻、ヘイマン氏(もちろん全員頭に偽がつきますけどね)と、モバイルサイトでトレーニングコラムを書いてたBIGMASA氏を含めた10人くらいで新宿のビアガーデンへ。本当は大矢さんと阿部タケシ氏も参加の予定だったんですが、地震の影響で辿り着けず! 残念! 2件目は「西口プロレス最強の男」TAGAI氏が昔バイトしていたという店へ。BIGMASA氏のダイエット講座がいつの間にか育毛・毛根再生講座になったのを聞きながら呑んだくれ。

8月6日は、会社の人たちとビアガーデンで。トイレに行く途中で視界に入ったのは、ライブステージからちょっと離れたところにいるやたらガタイのいい集団。金髪、短髪の数人がいる中で一際コワモテオーラを放っていたのは、背を向けて頭をツルツルに剃り上げた黒Tシャツの男の人……。特に気にせず飲んでたんですが、僕の酔いが一気に覚めたのはラストオーダーが終わったすぐ後の事でした。さっきの人達が帰ろうとして出口に向かった瞬間、黒Tシャツの男の正体が判明したのですよ。なんと彼は「完璧なコスプレをしながらも自分から表舞台に立たない笑顔がかわいいすごくいい人(長い)」偽オースチン氏でした! ひと月ぶりの再会に感激した僕は「うわっ! オースチンだ!」と叫んで抱きついて握手してしまったのでした。
僕は仕事帰りだったのでスーツ姿、当然ノーメイクですから(笑)、オースチン氏はきょとんとしてましたよ。そこで、今や携帯の待受画面になってるおっきなケインに抱き着いてる写真を見せながら正体(……正体?)を告げ、あらためて感激の再会を果たしたのでした。 年に2回しか会わないけど、おんなじことやってる仲間ですからねー。すごーく嬉しかったですよ。
……てなわけで呑んだくれ。

その翌週はまたレスカフェでグレートアメリカンバッシュ観ながら。店内を見るとこないだ会ったオースチン氏! 1回会うと続くもんですね。ロック君たちと観戦してると握手しにきてくれたタンクトップの男の人が。わあ! 小笠原和彦先生だ! 小笠原先生はゼロワン初期に橋本真也と死闘を繰り広げた伝説の空手家で、一時期ゼブラーマンとしても活躍した方です。……で、何度も何度も乾杯して呑んだくれ。

で、その翌日はDDTのビアガーデンプロレスに行って大変な呑んだくれ。皆様、大変ご迷惑おかけいたしました。
でもって次の土曜日はオースチン氏と、さらにその次の土曜日には大矢さんとビアガーデン……。
飲み過ぎだよ、全く。
| 慣れてるよ | 21:57 | comments(3) | trackbacks(0) |
アメプロとキン肉マン
おはようございます! 大矢です。最近、更新が休みがちで本当に申し訳ありません!
でも、今は偽ケイン君が絶好調なので大丈夫ですよね(笑)。偽ケイン君も、しょっちゅう飲みに誘ってくれるのですが、いつも仕事で都合があいません……(泣)。以前はちょっと空振り気味でしたが、いつかここを読んでくれている人たちと飲みに行きたいものですね。オフってやつですか?

最近のWWEですが、相変わらずめまぐるしいスピードで進化していて、正直、全部の流れを追いきれてません。ディーバ・サーチをまたやってますけど、優勝しなくてもデビューさせちゃうから、誰が誰やらわからなくなっちゃいます。若い女の子の見分けがつかないのは、おっさん化している証拠でしょうか。そんなレイドバック野郎の大矢が先日コンビニで買ったのが、『キン肉マン アメリカ超人タッグ編』です。
『キン肉マン』は有名だと思いますのでいちいち説明はしませんが、この「アメリカ超人タッグ編」は作者のアメリカンプロレスマニアっぷりが炸裂している異色シリーズです。
第1回超人オリンピックで優勝したキン肉マンは、ベルトを持って防衛ツアーに出発し、まずはハワイでハワイチャンピオンのジェシー・メイビアと戦います。はい、ハワイでメイビア姓といえば、我らがロック様、ロッキー・メイビアですね。ただし、この漫画が連載されている頃はまだロック様のデビュー前。元ネタはロック様のおじいちゃん、ピーター・メイビアということになります。マニアックすぎ!
アメリカ本土に渡ったキン肉マンは超人協会の会長ドーロ・フレアースに迎えられます。さぁ、わかりますか? 現在は全日本プロレスの三冠王座にまとめられてしまったPWF会長ロード・ブレアースが元ネタですね。そんなの子供にわかるかよ! この超人協会は老舗なのだが、現在は新興団体の超人評議会、超人同盟に押されっぱなしで、テリトリーはミズーリ州セントルイスのみ、という設定になっています。アメリカンプロレスの老舗といえば、NWA。ビンス・マクマホン・シニアと覇権を争ったNWAサム・マソニック会長の本拠地がこのセントルイスでした。となると、ニューヨークに本部を持つ超人評議会がWWE(当時はWWWF)ってことになりますね。超人評議会のエースはビューティー・ローデス。これはもちろん、先日WWEと再契約を交わしたダスティ・ローデスが元ネタ。ホーガンって名前の超人と試合して、軽く倒したりしてます。まだこのシリーズを連載していた頃は、ホーガンよりローデスのほうが人気があったんですね(この後、ホーガンブームの頃、ネプチューンマンとして登場します)。そんな中、団体対抗でタッグリーグ戦を行うわけですが、レフェリーの名前がレッドシューズマン(レッドシューズ・ドゥーガン)だったり、アメリカ超人界の大物の名前がゴッド・フォン・エリック(フリッツ・フォン・エリック)だったりと、アメプロネタのオンパレード。残虐ファイトを売り物にしている超人同盟のボスがシーク星人(アイアン・シーク……ではなくて、ザ・シーク。モハメド・ハッサンの元ネタでもある人)だったりするのはともかく、超人評議会のボスがイヤデス・ハンソンって、今でもわからないよ!(元ネタはイーデス・ハンソン。プロレスマニアの芸能人筆頭だった)

ゆでたまご氏は「ストーリーが複雑だったりネタがマニアックだったりして、少年漫画でやっちゃいけないことを全部やった」と述懐してますが、まぁそのとおりでしょうね(笑)。

| 月曜日 | 06:18 | comments(3) | trackbacks(0) |
「彩の国から '05 接触」〜おっきなケインに抱きついちゃった!
いよいよ撮影会がスタートし、刻一刻とケインと至近距離まで近づける瞬間が迫ってきました。とはいえ31組の1番最後ですからね。リラックスして待ってますよ。

こうして見回してみると、男性のケインファンってけっこういるんだなあ。もちろん、イベントにはとりあえず全部行きます! ってアクティブな方々もパラパラいるんですが、ケインTシャツを着たちょっとおとなしそうな男の子の多いこと! なんだよー、ちゃーんと男のケイネナイツいるんじゃーん、って感じ。みんな今までどこで観戦してたんだい?

それと前にも書きましたが、ケインはお母さんに大人気です。子供を連れたお母さんも多いですねー。席から見てると、ケインは子供に優しいなあ。子供もケインを全然怖がらないし。そして女の子のファンたちは……! やたらケインとハグしてますよ! たとえばシナとかジェリコのイベントで見るハグと、ケイン相手のはなんか雰囲気が違うんですよね。変な言い方だけど、少なからずシナやジェリコには「男」を感じて、というか求めているところがあると思うんです。だけどケインには「男」じゃなくて違うものを求めてるんじゃないかなー、と(種無しギミックとは別の話ですよ!)。最近やっと一般的に浸透してきましたが(笑)、ケインはかわいい! ちょっと母性本能くすぐり系。なんか自分の子供とか、お母さんと接するような感じなのかな? まあいいや、後で確かめに行くし。

司会の阿部さんや三田さんにちょこちょこいじられながら、僕らの番が近づいてきました。さ、スイッチ入れてがんばろう! このイベントでの僕のカッコはマスクを取ってちょっと経ったバージョン。後頭部に残ってた髪も短くして目の周りの黒いのもなくしてるけどコスチュームは♯3のタイプ。今までコスチュームは全部自分で作ってマスクもちょっとカスタマイズしてたんですが、2月のTVショーのときからマスクとトップスを作ってもらったの。せっかく作ってくれたから僕が代わりに本人に御披露目してあげたかったんです。会場内では上脱いでたでしょ。

おっと、そろそろリングだ! ここで阿部さんから「ちゃんとトップロープまたぐんだよ!」とお声がかかりました。わかってますよ〜! ケインぽく(って言い方は今更?)ロープをガシってつかんでエプロンに。とっても優しい平野さんがトップロープを押し下げてくれてます。ぐわーっと足を振り上げてまたいだものの、勢いつきすぎてぐるっと1回転しちゃいました。これじゃケインじゃなくて高山だよ……。

ま、とりあえずケインに背中向けて「バーン!」一発! でも内心ドキドキしてて、「ああ、振り返ったらケインがいる……ケインがいる……」って感じ(笑)。すると、おもむろにケインがイスから立ち上がっちゃいました。あん……おっきい(はぁと)。
うおっと、いけない! 偽ケインやんなきゃ。がんばって左手を伸ばし、右手をパクパクさせてチョークスラムいくポーズをとって威嚇するものの、僕のハートはおっきなケインに釘付け。パクパクしながら吸い込まれるように抱きついてしまいました……。ケインの手も僕をしっかり抱いてくれてます。ハグした感想はねえ、なんか「お母さんのおなかの中にいるみたい」。心音を聞きながら羊水につかってるような安らぎが……ってのはちょっと大げさ? でも僕にはそんな感じだったんだもーん。

その後一緒にリングに上がったメンバーと写真撮影。撮影が終わるとクリスティが自分のカメラを持ってきました。ケイン、クリスティ、僕とロック君の4人で再度撮影会をやってちょっと会話して終了! その間、ケインは何度も何度も両手で握手してくれました!
……しかし、これ目撃した人がいなかったらどっかの同人誌みたいな内容ですよね(笑)。これが僕だけの妄想じゃないことを祈りましょう。質問コーナーの内容は皆さん日記とかで書かれてますし、モバイルサイトO氏のコラム(今無料で読めるのファンクラブ四方山話だけなんですね)で来週からケインのイベントレポートが始まるみたいですよ。

あ、そうそう1個だけ。ケインがロック君と「イフ・ユー・スメ〜ル合戦」やったんですが、ケインはちゃんと「The BigRedMachine is cookin’!」て言ってましたよ。お間違えのないように! なんかホーガン、ロックと組んでnWoと闘った回を思い出した偽ケイン君でした!

| 火曜日 | 02:11 | comments(6) | trackbacks(0) |
今週はお休みです
今週は多忙につき、大矢のコラムはお休みです。ごめんなさい。
| 月曜日 | 02:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
さあ来い! おっきなケインと初遭遇!!! 〜FCイベント参戦!
渋谷のイベントを切り上げて、埼京線に乗り込むケインとロック。当然衣装は着替えましたが、僕のメイクはそのまんま(笑)。駅までの道程ではすれ違う人達にすごくジロジロみられたものの、なぜか電車の中ではそうでもなかったんですよ。目を合わせないようにしてる感じでもないので、とくに興味もない様子。ああ、東京砂漠……。
さいたま新都心駅に着いたのが1時くらい。朝ご飯食べてイベント前におにぎりかじっただけなので、とりあえず腹ごしらえしよー! ロック君オススメの定食屋さんでひじきご飯とおかずをかっこみます。この後約9時間ありますからね。しっかり食べておかないと持たないよー。
イベント会場に着いたのが1時半くらいかな。慌ててバックステージの場所借りて着替えます。席に着いて待ってると、定刻どおりにイベントがスタートしました。前日は30分くらい遅れた様ですが(飛行機と車が遅れたみたいです。詳しくは阿部タケシ氏やO氏のコラムとか日記をどうぞ)、さすがケイン! て感じ。というのも、ケインて移動の時のバスの集合や、飛行機のチェックインは必ず時間前に来て、毎回1番なんです。でもって、バスの1番後ろに座ってゲームやったり、ゲームしてたりする訳ですねー(笑)。
司会の阿部タケシさんと三田佐代子さんにちょっといじってもらって(お約束)、シャボン玉の中から現れたのはクリスティ! そして……おっきなケイン! 

僕が予想していた、偽ケインを発見した時のケインの反応。
1:偽ケインが視界に入った瞬間にビクッ! てなる。
2:頭の中では「キャー! 怖いのいる! 怖いのいるよー!」って叫んでる。
3:そのままうろたえ続け、なんとか質問コーナーをこなすも、気になって仕方ない。

……だったんですよ(笑)。でもね、実際は僕を見つけてくれた瞬間から終始笑顔でいてくれました! 嬉しいよなあ。ホントにケイネナイツ冥利につきますよ。きゃー! ケイン好き好きー!(はぁと) 
かたや、いろんなところに書かれてましたけど、クリスティは僕らを発見してからひたすら大爆笑……。気に入っていただけて光栄です。うーん。
さっそく2人には「戦うなんでも屋」平野勝美さんの待つリングへ行ってもらい、撮影会のスタート!(この平野さんがまた震えるほどいい人なんですよ。腰が低くて優しくて。それで強いんだからなあ。あやかりたいです)
会場には600人強のファン、20人ずつ撮影するので31組! 僕の持ってたチケットは真ん中へんだったんですが、ファンクラブの方(もしやO氏?)が用意して下さったチケットは31ブロック。最後の組ですよ! しかも6人だけ! きっとものすごくケインに近いよ! 楽しみ〜!

次週、衝撃の初接触! 震えて待て! (←って、何のコピーでしたっけ?)
| 火曜日 | 10:12 | comments(6) | trackbacks(0) |